夕暮れコーヒー

2022/9/14 晴れ暑くてお気に入りのマリンノースリーブ着用

朝起きて、焙煎室を覗くとその日焙煎するコーヒー豆のレシピが書かれている。今日はドミニカ、パナマ、ブラジルのピーベリーと、ボリビア、メキシコ、エルサルバドルと6種類の豆を3種ずつに配合して2種類のブレンドを作る。

コーヒー豆は焙煎する前は緑色か黄色い色をしている。品種や精選方法や収穫時の状況などの条件で色味が異なるがウォッシュドにはウォッシュドの良さ、ナチュラルにはナチュラルの良さが各々あるが、ナチュラルはやっぱりハンドピックに時間がかかることが多い。

丁寧に時間をかけてハンドビックをするというよりは、丹念に目の前の豆と向き合いしつらえを整えることに時間をそそぎ込む感覚に近い。

写真は初めてハンドピックをするドミニカである。パッとみて赤黄色いものから順に必要でないものは全て取り除いく。欠点豆はもちろんだが中川ワニ珈琲の味わいになるものを作り込んでいくのである。

うちはプレミックス(混合焙煎)なので焙煎する前に生豆をミックスします。品種、kg数を間違えなにように慎重になる。朝からお昼前に最初のハンドピックを終え、午後から焙煎をして、夕暮れ時まで仕上げのハンドピックをする。

夕暮れどきが一番コーヒー色に染まる時間帯だ。

今日は残暑のきびしい秋の始まりにさっぱりと飲める味わいと、本格的な秋を感じさせるコクのあるものが焼きあがった。試飲をするとワニコーヒーポエムが出来上がる。その内容は飲むお客様だけが知る内容。

コーヒー、栗饅頭と楽しみけり秋の夕暮れでした。