4月1日より、珈琲焙煎を再開いたしました

焙煎室からシャンシャンといつもの音がしはじめました。焙煎人は何をブレンドしようかといそいそと生豆を厳選し、焙煎機に火がつきました。

シャンシャンと音を立てながら、焙煎が進むと部屋中が甘い香りで満たされます。焙煎したてのホヤホヤを試飲して、味を確認して次の段階へと日常が戻ってまいりました。

出荷の準備が整い次第、定期便、ご予約いただいておりますお客様に随時出荷させていただきます。長らくご不便おかけ致しましたがどうか、届くのを楽しみに待っていてくださいませ。
よろしくお願いいたします。

コーヒーの予約に関して

いつも中川ワニ珈琲をたのしんでくださりありがとうございます。断水のため焙煎が1ヶ月お休みになるため、現段階で4月以降の販売予定と予測されますので、焦らすゆっくりご予約くださいませ。

ブラックパール出荷の段取りしております

ブラックパールに関してのお問い合わせのお客様には全ており返し返信をさせていただきました。内容ご確認お願いいたします。ブラックパールをおたのしむ書と共に荷車に乗せるのを待つ時間、よいこらせっせと準備です。

また、通常の珈琲豆のお問い合わせやグッズのご注文もありがとうございます。
順番にお返事させていただいておりますので引き続きよろしくお願いいたします。

完売御礼申し上げます。

ありがとうございます。
ブラックパール完売いたしました。
ご連絡いただきました順番にお客様に注文書をメールさせていただきますので、ご確認お願い申し上げます。
キャンセルが出た場合は、ご注文いただきましたお客様順に再度ご連絡させていただきますのでご希望際、お教えくださいませ。

ブラックパールは特殊な個性の持ち主の珈琲豆となりますので、飲み方たのしみ方等々
詳しくは珈琲豆と一緒に〝純コーヒーの掟の書〟を同封させていただきますのでゆっくりと
旨みを味わっていただければ幸いです。飲みごろ開始は焙煎日より1週間目〜です。

「なぜ⁈」

と、その謎やめくるめく味わいとあ!っと変化する個性をご期待くださいませ。

次回は梅雨明けごろ販売できればと思います!

純コーヒー販売のお知らせ

純コーヒーの販売のお知らせです。ブレンドの味を追い続けている焙煎人がこの4年強の歳月唯一焙煎しているシングルがあります。なぜ、その珈琲豆に特殊してこだわるのか一度聞いたことがあるのですが、その時の返事は思いもよらないこよらないでした。


「縁あって出会った豆。世の中たくさん人がいる中で偶然出会った人との縁んを大切にしたいんだ。それが、どんなものでも。それをどうやったら自分が完璧にコントロールし焙煎調理できるか。その為には年月と回数がどうしても必要なんだ」

「えええ!一体何年かかって、何回焼けるんだ?この豆は珍種なのに?」と、一瞬ワニ嫁頭を悩ませましたが、職人です、納得がいくまで縁が許されるかぎり純粋にコーヒーをたのしもうじゃないかとも思い、内覧会を開いてきましたが、今年、ようやく!逸品が焼き上がりました。

最初の写真は、ココナッツの器に湯が入っています。

寒い日に温かいお湯を飲むだけでもおいしいんです。それを人の手で調理された珈琲豆をつかって飲むコーヒーに淹れて飲むわけです。混じり気のないほぼ完璧にコントロルされた焙煎テクニックとを、面白い人にたのしんで頂ければと思います。元々、希少な豆の為本当に少しかございません。また、毎年楽しみにされてる方々もおられ、販売できる量にかぎりがございますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。この豆は焙煎したてより日が増すほどおいしいので、焙煎日より1週間たった頃から飲み始めていただくことオススメしております。純粋にコーヒーをたのしむことは純粋な味を確かめることから始まると時もあります☺︎。

下写真は飲む人代表と試飲を重ね続けて淹れた一コマです。飲み終わると南の島のハメハメハ大王の歌が止まらない私!今年はロマンチックにおいしい!

品名:ブラックパール(インドネシア)

100g 1100円(内税)

ご注文は ブラックパール希望 と件名に記入の上、注文フォームよりご注文ください。
(現状で残り500gあるかないかですが、焙煎人が楽しいことは楽しい人たちと共有することが大切なんじゃないか(笑顔)と言って池袋に散歩に出ました)

よろしく、お願いいたします。

※ご購入お決まりのお客様人には詳しい内容さらにお伝えさせていただきます。

ご予約受付中

2月8日(ハレ)どこかで誰かがくしゃみした


いつも中川ワニ珈琲を楽しんでくださいありがとうございます。ただいま、珈琲豆をご予約いただきましたら3月中旬のお届け目安になっております。
(ご予約日より、1ヶ月を目安としてご連絡させていただいておりますが、2月のご予約で上旬は完売しております)

今年の春は、やわらかい味わいの珈琲をゆっくり楽しみたいですね。


子供の頃食べた思い出ババロアのレシピ今年の春は完成させたいな。