純コーヒー販売のお知らせ

純コーヒーの販売のお知らせです。ブレンドの味を追い続けている焙煎人がこの4年強の歳月唯一焙煎しているシングルがあります。なぜ、その珈琲豆に特殊してこだわるのか一度聞いたことがあるのですが、その時の返事は思いもよらないこよらないでした。


「縁あって出会った豆。世の中たくさん人がいる中で偶然出会った人との縁んを大切にしたいんだ。それが、どんなものでも。それをどうやったら自分が完璧にコントロールし焙煎調理できるか。その為には年月と回数がどうしても必要なんだ」

「えええ!一体何年かかって、何回焼けるんだ?この豆は珍種なのに?」と、一瞬ワニ嫁頭を悩ませましたが、職人です、納得がいくまで縁が許されるかぎり純粋にコーヒーをたのしもうじゃないかとも思い、内覧会を開いてきましたが、今年、ようやく!逸品が焼き上がりました。

最初の写真は、ココナッツの器に湯が入っています。

寒い日に温かいお湯を飲むだけでもおいしいんです。それを人の手で調理された珈琲豆をつかって飲むコーヒーに淹れて飲むわけです。混じり気のないほぼ完璧にコントロルされた焙煎テクニックとを、面白い人にたのしんで頂ければと思います。元々、希少な豆の為本当に少しかございません。また、毎年楽しみにされてる方々もおられ、販売できる量にかぎりがございますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。この豆は焙煎したてより日が増すほどおいしいので、焙煎日より1週間たった頃から飲み始めていただくことオススメしております。純粋にコーヒーをたのしむことは純粋な味を確かめることから始まると時もあります☺︎。

下写真は飲む人代表と試飲を重ね続けて淹れた一コマです。飲み終わると南の島のハメハメハ大王の歌が止まらない私!今年はロマンチックにおいしい!

品名:ブラックパール(インドネシア)

100g 1100円(内税)

ご注文は ブラックパール希望 と件名に記入の上、注文フォームよりご注文ください。
(現状で残り500gあるかないかですが、焙煎人が楽しいことは楽しい人たちと共有することが大切なんじゃないか(笑顔)と言って池袋に散歩に出ました)

よろしく、お願いいたします。

※ご購入お決まりのお客様人には詳しい内容さらにお伝えさせていただきます。

ドリップキット!きっと

この青い空の下で誰かがコーヒーを通して、笑ってくれること願ってる。この青い空の上には銀河系が広がっていくばくかの人々が未来の希望と向き合ってる。私は、人に偉い偉くないはないと思う、同じ人間がそれぞれの立ちいで生きていることが地球という星を輝かせているんだよ!と、真面目です。
縁あって今はコーヒー役目なのでメインはお客様のサポートになるのですが、ワニビーカーとドリッパーのセットのご注文がいつか来る日を夢見ていたらやってまいりました。
世界にいろんなコーヒーがあるように、人の数だけ生活に合った楽しみ方があると思うのです。どうか、リラックスしてドリップしてくださいませ。

ワニビーカー大入荷しました

いつも中川ワニ珈琲を楽しんでくださりありがとうございます。
欠品中でした、ワニビーカー大が少しだけですが入荷いたしました。

毎回、箱が届き、中を開けて職人さんの技を確認するたびに背筋がピンと直立してグッと伸びる気持ち、気が引き締まります。もっともカタイ硝子を使って作っているはずなのに、触っても実際形があってガラスの触り心地なのに、心はやわらかく感じます。一品一品手吹の味わいはそれぞれに個性があります。

そしてなにより、淹れてびっくり飲んでにっこりの仕掛けは使った人だけの楽しみです。

イベントのお知らせ

珈琲教室の開催の希望の声多々いただきありがとうございます。

現在、

6月18日(金)、蒲郡にございますRUSTIC HOUSEさんにて開催が決まっております。
また、SUSCONにてはカラーバリエーション豊かで鮮やかなワニ缶も絶賛販売中です。

詳しい明細はまた、後日改めてご連絡させていただきます。画像はSUSCONさんでのワニ缶入荷のお知らせんお様子です。詳しくは ↓ をクリックしてくださいませ。

ご予約受付中

2月8日(ハレ)どこかで誰かがくしゃみした


いつも中川ワニ珈琲を楽しんでくださいありがとうございます。ただいま、珈琲豆をご予約いただきましたら3月中旬のお届け目安になっております。
(ご予約日より、1ヶ月を目安としてご連絡させていただいておりますが、2月のご予約で上旬は完売しております)

今年の春は、やわらかい味わいの珈琲をゆっくり楽しみたいですね。


子供の頃食べた思い出ババロアのレシピ今年の春は完成させたいな。

HPを…

HPを作ろうと思ったのは、7年前。コツコツと準備をしてきました。やっと、ここまできたこと2021年後少し、後少しと思いつつHPは出来上がってからが本番と気が焦ります。

つれづれコーヒー

つれづれなるままに、日暮らし、珈琲(コーヒー)に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(本能にあるのにまかせて、一日中、ワニと向かい合って、心に浮かんでは消える他愛のない事柄を、とりとめもなく書きつけてみると、妙におかしな気分になってくるんです)
そんな日々の出来事を楽しく書き記していきたいと思います。 
コーヒーとは正直なもので所作がそのまま味わいに浮かびます。たとえどんな状況下に自分があれど、たとえどんな人の前でも常位に安定した味わいを淹れれる人でありなさいとコーヒーの先人の背中に教えられます。分かっていれど喜怒哀楽のハッキリした自分は飲んでにっこりまぁるい味を目指しております。まずは、一杯飲でみながら読んでください。

晴天の台湾 伯郎大道にて

ご挨拶

中川ワニ珈琲です。

 僕がこの仕事を始めた1994年頃は、店無く焙煎をして いることは仕事として、なかなか認知されずにいましたが今は随分と世の中が様変りして、コーヒー 調理をしている者としてなかなかに楽しい状況となっています。それは日本だけに止まらず世界中がかつてないほどのコーヒーに対するエネルギーに満ちています。

珈琲焙煎調理は何年経っても実に面白いものです。今だから知れるコーヒーのこと、これから出会うだろう未知のコーヒー豆たち、何年経ってもというか、いよいよ面白くなってきたこの仕事をより一層、コーヒーを飲むのを楽しんでいらっしゃる 皆様とのやり取りを緩やかにしたいと思い、このHPを立ち上げることに致しました。


お手元にコーヒー豆をお送りしそれを味わって頂いて〝中川ワニ珈琲〟ってどうなのよって感じていただければ幸いです。毎日楽しみたいコーヒーのおいしさ、むくむくと膨らむワクワクをお届けできればと思います。珈琲旅に出ることしばし、お客様にお届けまでお時間かかることもございますので、まずは、はじめに中川珈琲のことをお読みくださいませ。 

                              

2021/吉日 中川ワニ珈琲 中川ワニ